ウーマン

二つの医療機関の違い!うつ病の治療は心療内科や精神科で行います

病気の種類

女の人

うつ病の種類を覚えておくことで、早期発見が可能になります。どのような種類があるのかチェックしてみましょう。まず、仮面うつについてですが、この種類の特徴として身体の症状が心の症状よりも先に現れます。その為、別の病気と勘違いしてしまう方も多いのです。病気の発見が遅れてしまう原因にもなっています。身体の症状として、頭痛や肩こり、口腔内の渇き、動悸や吐き気、胸の圧迫感や胃の不快感などが挙げられるでしょう。このような症状は別の病気の症状として現れることがあるので、仮面うつだと気付かない方も多いのです。原因が特定できず、色々な病院を渡り歩いた後に心療内科や精神科にたどり着くことも少なくありません。また、中には原因が分からないまま放置してしまっている方もいるでしょう。原因不明の症状に悩まされている時は、心の症状についてもチェックすることが大切です。抑うつ症状などが確認される場合は、仮面うつの可能性が高いと言えます。また、うつ病の種類としては微笑みうつも有名です。これは軽度のうつ病として分類されます。普段は明るく振る舞うことができる社交性の高い方に多い種類です。ですが、1人になると気分が沈み込み、暗い表情になります。周囲の人が心配して声をかけても、笑顔で自分は大丈夫なので心配ないと主張するのです。笑顔を見せられた方は安心するため、それ以上は突っ込んでこないでしょう。人と接している時は症状が現れないので、自覚していることも少ないのが病気の発覚が遅れてしまう原因になっています。基本的に1人になると意気消沈して、気分が沈み込む方は微笑みうつの可能性があるので注意しましょう。また、季節性うつとして冬季うつが有名です。季節によって発症する種類で、冬季うつは10月から12月頃にかけて発症することが多いと言われています。理由として考えられていることが、バイオリズムの変動です。寒さが強くなり、日照時間が短くなることでバイオリズムが狂い、体内分泌物の量も変化します。バイオリズムの狂いによって発症してしまうのです。また、冬季うつの症状として特徴的なのが、過眠と過食でしょう。冬季うつは光照射療法で治療することができます。うつ病にはこのようにいくつか種類があるので、チェックしておくことが大切になってくるでしょう。