二つの医療機関の違い!うつ病の治療は心療内科や精神科で行います
辛いうつ病をしっかり治す

二つの医療機関の違い!うつ病の治療は心療内科や精神科で行います

医療機関の違い

笑顔の女性

近年、精神病の患者が増えてきており大きな問題とされています。一般的に有名な精神病がうつ病です。この病気を治療する際には専門の医療機関を利用します。心療内科と精神科がその代表ですが、心療内科と精神科には違いがあるのです。この二つの医療機関の違いについて学んでいきましょう。心療内科は心身症の治療や診断を行う医療機関で、心身症というのは心理社会的な因子で発症した身体疾患のことです。器質的、機能的な障害が認められる病態が心身症になります。器質的な病態とは器官に直接的な異常が認められる病変です。がんや腸閉塞などは異常が目視することができるでしょう。機能的な病態とは、器官に直接的な異常はないものの、器官の働きに異常が認められる状態のことです。例えば、がんや腸閉塞の場合は腫れや炎症などが認められますが、機能的な病態の場合は腫れや炎症などが認められない場合が殆どでしょう。このどちらの病態にも心理社会的な因子がある場合は、心身症と判断されます。心理社会的な因子とは日常的な性格や心の変化に影響されている場合のことです。その為、心身症には器質的な病態よりも、機能的な病態の方が多く見られます。ストレスなどの影響で腸の働きが弱ってしまう過敏性大腸炎や、呼吸が早く息苦しくなる過換気症候群などが代表的な機能的病態です。神経性嘔吐症なども機能的病態の一つでしょう。一方、精神科は精神疾患の治療や診断を行う医療機関です。うつ病の治療には精神科を利用することが多いでしょう。精神疾患の代表的な症状として不安や苛々などの抑うつ状態が挙げられます。心理的な症状や行動などが精神疾患に当たるのです。社会全体の文明、規律や制度が熟成すると精神疾患の患者が増えると言われています。一般的にうつ病は精神科の対象とされており、大うつや双極性うつなどを診察し治療するのです。また、統合失調症なども精神科で診察し治療します。精神科ではアルコール依存症や薬物依存症なども診療するのです。うつ病の場合は、身体的な症状と精神科な症状の両方が現れます。身体的な症状を治療する場合は心療内科を利用し、精神的な症状を治療する時に精神科を利用するのです。また、メンタルクリニックでは、心療内科や精神科、神経科などを幅広く取り扱っているので迷った時に利用すると良いでしょう。

接し方

周囲の人間がうつ病を患ってしまった場合は、接し方に気を付ける必要があります。この病気の患者は悲観的になっていることが多いので、言葉には注意しなけらばいけないのです。

ストレスの感じ方

女性の社会進出に伴い、女性の方がうつ病になることが増えてきています。原因として挙げられるのがストレスです。男性に比べて女性の方がストレスを感じる機会が多いと言われています。