ウーマン

二つの医療機関の違い!うつ病の治療は心療内科や精神科で行います

ストレスの感じ方

女の人

近年、女性のうつ病患者が増えてきています。大きな理由としては女性の社会進出が挙げられるでしょう。社会進出をすることによって、大きなストレスを感じている女性の方も多いのです。その為、日頃から病気の対策をしておく必要があります。まずは、どうして女性がうつ病になりやすいと言われているのか調べてみましょう。一般的に、女性の仕事は家庭を守ることだとされてきました。家事や子育てをして家庭を支えることが大切にされてきたのです。ですが、最近では時代も変わり、女性の多くが社会進出をするようになってきています。女性の社会進出に対しては、大分理解されるようになってきているのです。それでも上記で説明したように、女性の役割りは家庭を守ることと思っている方も多いのが現状でしょう。女性の場合は社会進出に伴い、家事以外に仕事をこなさなければいけなくなっているのです。その為、ストレスを感じる機会も増え、病気のリスクが高まっていると言われています。仕事では男性に負けないように頑張り過ぎる傾向があり、仕事から帰ってからも家事をこなさなければならず大きな負担が掛かっているのです。仕事と家事を同時にこなすことはとても大変な事で、ストレスを溜めてしまう原因になるでしょう。ストレスを溜めない為に、家事を分担したり休養を取れる環境を作る必要があります。また、女性の場合はホルモンの分泌量が男性に比べて少ないのもストレスを溜めてしまう原因の一つでしょう。一般的にセトロニンの分泌によってストレスを解消できると言われています。ですが、女性の場合は男性よりも分泌量が少なく、生理などの影響でホルモンバランスが乱れてしまうのです。ホルモンバランスが乱れると、余計にストレスを感じてしまいます。このようにストレスを感じる機会が多い女性は、男性に比べてうつ病になりやすいと言えるでしょう。基本的に、家庭での役割り以外にも妊娠などの影響でストレスを感じることもあるのです。自分の生活環境が大きく変わることでストレスが生じます。妊娠や出産は男性では経験することができない負担です。大きなストレスを生じさせる場合があるでしょう。特にシャキ進出している女性にとって、妊娠や出産はストレスとなることが多いのです。基本的に男性よりもストレスを感じやすいことが原因となり、女性のうつ病患者が増えてきているのでしょう。