ウーマン

二つの医療機関の違い!うつ病の治療は心療内科や精神科で行います

接し方

女医

周囲の方が病気を患ってしまうことがあります。家族や友人などが病気を患ってしまった場合、しっかりとサポートしてあげることが大切になるでしょう。中でも精神病は患者の周囲の人間がしっかりとサポートしてあげることで、スムーズに治療を施すことができます。また、周囲の人間の接し方一つで症状が悪化してしまうのが精神病の特徴です。家族や友人など、身近な人間が精神病になってしまった場合の接し方について勉強していきましょう。精神病の中でも、発症する方が多いと言われているのがうつ病です。この病気の患者に言ってはいけない言葉があります。それは「頑張れ」です。うつ病の原因はストレスと言われていますが、ストレスが溜まる事で心が疲れ切ってしまいます。心の健康が保てなくなるとこの病気を発症してしまうのです。ストレスを溜めてしまうのには理由があり、この病気の患者は自分の限界以上に頑張ってしまう傾向があります。自分の限界を超えて頑張ってしまうことで、心が疲れやすくなってしまうのです。自分の中では一生懸命に頑張っているつもりなのに、他人から「頑張れ」と声をかけられるとストレスに感じてしまうでしょう。自分はこれほど頑張っているのに、もっと頑張らなくてはいけないのかと思ってしまうのです。一般的に、物事に順序をつけ、力を抜くことでストレスを軽減させることができると言われています。ですが、うつ病の方は物事に順序を付けることを苦手としているのです。その為、全ての事に対して全力で頑張る傾向があります。何事に対しても頑張りすぎてしまうので、余計に心に負担が掛かりストレスを感じてしまうのでしょう。このような理由から、うつ病の患者には「頑張れ」と言っては行けないのです。また、「早く治ると良いね」などの言葉もできるだけ控えましょう。この病気の患者の殆どが悲観的な考え方になっているので「早く病気を治せ」と言われていると捉えてしまうのです。できるだけそっとしておくことが大切になるでしょう。また、患者のペースに合わせて治療をしていくことが大切になってくるので、治療を焦らせるような言葉には気をつける必要があるのです。しっかりと休養を取らせながらストレスを軽減させていくことが重要でしょう。うつ病の患者が周囲にいる場合は上記で説明したことに気をつけて接することが大切です。