ウーマン

二つの医療機関の違い!うつ病の治療は心療内科や精神科で行います

治療の流れ

ドクター

うつ病の治療には長い時間が必要になってきます。治療は大きく急性期と回復期、再発予防期に別れるのです。治療の流れを覚えておきましょう。まず急性期ですが、十分な休養と薬物治療がメインになってきます。仕事や学校などは完全に休み、治療に専念する必要があるでしょう。この病気の原因はストレスと言われているので、ストレスのない環境で治療するのが大切なのです。また、薬物治療には抗うつ剤が用いられますが、抗うつ剤にはいくつか特徴があります。まず、効果を実感するのに時間が掛かることです。一般的に1ヶ月から3ヶ月程の時間が掛かります。更に、効果を実感するよりも先に、副作用の方が強く現れることがあるのです。抗うつ剤の量は患者の様子を見ながら医師の判断で調整していきます。抗うつ剤の効果として、頭痛などが和らぎ、苛々や不安が薄れてくるでしょう。また、症状が軽くなってくることで生活への興味も戻ってくるので、日常生活が楽しめるようになってきます。回復期にはうつ病の症状が回復したり悪化したりを交互に繰り返すでしょう。徐々に症状を安定させていきます。回復期には症状が回復した時に病気が治ったと勘違いしてしまうことが多いので注意しましょう。勝手に治療を中断してしまうと、最初の状態に逆戻りしてしまうのです。医師の判断にしたがって治療を勧めていきます。また、回復期には希死念慮が現れることがあるので、注意しましょう。急性期に比べると体力も気力も戻ってきているので、自殺を考えた時に突然決行に移すことがあるのです。再発予防期はうつ病治療でも最も大切な期間と言えるでしょう。この病気はとても再発率が高いからです。油断しているとすぐに病気が再発してしまいます。再発予防期は薬物治療を行い、病気の再発を予防していくのです。通常、病気の症状が安定してから1年から2年程薬物治療を続けます。人によっては3年以上薬物治療を続ける場合もあるでしょう。しっかりと医師の指導に従って病気の予防に取り組んでいくことが大切です。うつ病の予防にはストレスが溜まっている時に現れるサインを見逃さないことが重要になってくるのですが、自分だけでは気付けないことがあります。周りの人に協力してもらいながら予防していきましょう。