ウーマン

二つの医療機関の違い!うつ病の治療は心療内科や精神科で行います

病気の症状

婦人

うつ病の症状には、心の症状と身体の症状の二つがあります。もっとも有名なのは心の症状でしょう。心の症状について知識を持っておくことで、病気の予防や早期発見ができるようになるのです。この病気の症状を一般的に抑うつといいます。しかし実は、抑うつはうつ病特有の症状ではないのです。誰でも経験する症状と言えるでしょう。そして、一過性の抑うつ症状は健全な精神活動の一つです。病気の患者でない場合、抑うつ症状は時間が経てば改善されます。悲しいことや嫌なことがあると人間は落ち込むでしょう。ですが、通常は時間が経てば気分も回復します。これは心を健康に保つためのエネルギーが十分にあるからです。うつ病の場合は心を健康に保つためのエネルギーが足りないため、抑うつ症状から回復するのは難しいでしょう。気分が落ち込んだ状態から立ち直るために必要なエネルギーが不足しているのが原因です。抑うつ症状が継続してしまうのがこの病気の特徴で、抑うつ症状が続くことで心も身体も疲れ切ってしまいます。抑うつ症状の代表的な症状が気分障害です。感情障害とも言いますが、気分や感情と身体の反応がバラバラになり制御することができなくなります。健康な状態であれば嫌なことがあれば悲しみ、嬉しいことがあると喜ぶことができるでしょう。この病気の方はこのような正常な反応ができなくなってしまうのです。一般的に軽度の気分障害であれば誰でも経験する可能性があります。例としては風邪やインフルエンザにかかった時に一過性の気分障害を経験することがあるのです。病気にかかった時に、余計なエネルギーを使わないよう気分や感情を落ち着ける為と考えられています。体力の回復に専念することができるようになるでしょう。気分障害でも、一過性のものであれば風邪やインフルエンザが治ると同時に解消します。ですが、うつ病の場合は気分障害に陥ってしまうと簡単には改善されないのです。気分障害は精神的な負担となり、大きなストレスを生じさせます。病気の悪化を招いてしまうのです。また、対人関係にも悪い影響を与え、仕事や日常生活に支障をきたすことが多くなるでしょう。また、抑うつ症状として意識や意欲の低下や思考力の低下が挙げられます。このような心の症状が出始めたら、すぐに対処することが重要です。うつ病を予防するには小さな変化を見逃さないようにすることが大切になるでしょう。